コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠距離就活

1件 の用語解説(遠距離就活の意味・用語解説を検索)

就活用語集(就活大百科 キーワード1000)の解説

遠距離就活

遠距離就活とは学校から離れた遠方で就職活動をすることです。たとえば、首都圏の大学に通っている学生が出身地で就職したり、地方の学校に通っている学生が首都圏で就職する場合などがあります。首都圏在住の学生が自分の出身地で就職を希望する場合、情報が手に入りにくいのが現状です。Uターン学生を対象にしたUターン合同セミナーなども開かれているので、まずは地方ごとの就職情報サイトをこまめにチェックすることから始めましょう。地元の商工会議所東京事務所でもUターン情報を提供しているので、訪ねてみるのも情報入手の方法です。とにかく情報を逃さないことが大切です。10月にオープンするマイナビの「エリアナビ」もぜひ活用してください。地方の学生が東京、大阪など都市圏の企業を目指すときは、まず希望する企業が地元で説明会やセミナーを開催しているかどうかを調べましょう。採用人数が多いところや採用に力を入れている会社では全国的に説明会を実施しています。面接も地元で受けられる場合があるので、まずは目指す企業が遠距離就活する必要があるかどうかを見極めることが大切です。

出典|マイナビ2012 -学生向け就職情報サイト-
Copyright Mainichi Communications Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遠距離就活の関連キーワード遠距離外土就活中距離離れ州離れ磯離れ物遠距離信号就職活動Uターン/Iターン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遠距離就活の関連情報