コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠距離就活

1件 の用語解説(遠距離就活の意味・用語解説を検索)

就活用語集(就活大百科 キーワード1000)の解説

遠距離就活

遠距離就活とは学校から離れた遠方で就職活動をすることです。たとえば、首都圏の大学に通っている学生が出身地で就職したり、地方の学校に通っている学生が首都圏で就職する場合などがあります。首都圏在住の学生が自分の出身地で就職を希望する場合、情報が手に入りにくいのが現状です。Uターン学生を対象にしたUターン合同セミナーなども開かれているので、まずは地方ごとの就職情報サイトをこまめにチェックすることから始めましょう。地元の商工会議所東京事務所でもUターン情報を提供しているので、訪ねてみるのも情報入手の方法です。とにかく情報を逃さないことが大切です。10月にオープンするマイナビの「エリアナビ」もぜひ活用してください。地方の学生が東京、大阪など都市圏の企業を目指すときは、まず希望する企業が地元で説明会やセミナーを開催しているかどうかを調べましょう。採用人数が多いところや採用に力を入れている会社では全国的に説明会を実施しています。面接も地元で受けられる場合があるので、まずは目指す企業が遠距離就活する必要があるかどうかを見極めることが大切です。

出典|マイナビ2012 -学生向け就職情報サイト-
就活用語集(就活大百科 キーワード1000)について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遠距離就活の関連情報