コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠隔教育 えんかくきょういくdistance education

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遠隔教育
えんかくきょういく
distance education

空間的に離れた状態で行なわれる教育。印刷教材,テレビジョンやラジオなどの放送系教材,コンピュータやインターネットなどの通信系教材,などを用いたものがある。印刷教材による通信教育の歴史は古く,日本では第2次世界大戦前の私立専門学校ですでにみられ,今日でも多くの私立大学の通信教育部はこの形式をとっている。遠隔教育と呼ばれるようになるのは,放送系・通信系メディアを利用した高等教育機関が世界各国で設立されるようになったことと関連が深く,1971年開校のイギリスのオープン・ユニバーシティがそのさきがけである。日本では 1985年にラジオ,テレビジョンを利用する放送大学が開校した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

えんかくきょういく【遠隔教育】

コンピューター-ネットワークなどの通信手段を利用し、離れた場所にいる人々に対して行う教育。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

遠隔教育の関連キーワードティーチング・マシンコンピューターネットワークeラーニング英語教育

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遠隔教育の関連情報