コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

選択意志 せんたくいしKürwille

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

選択意志
せんたくいし
Kürwille

形成意志とも訳される。 F.J.テンニェスの用語。彼の人間関係ないし社会的総体理論の前提である意志論の一つ。目的と手段とを区別する合理的意志 (M.ウェーバーの「目的合理的」の概念がこれにあたる) を意味し,これに根ざすゲゼルシャフト本質意志に基づくゲマインシャフトと異なって人間の思慮的結合であり,ここでは個人個人の目的はその効果的達成のために契約によって結合させられている。その典型は,大都市,国民,世界に示されるという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

選択意志の関連キーワードテンニエス共同社会

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android