選択法(読み)センタクホウ

大辞林 第三版の解説

せんたくほう【選択法】

育種法の一。遺伝的支配を受けている変異の中から実用的にすぐれた形質をもつ個体あるいは系統の選抜を繰り返して、すぐれた品種を育成する方法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

選択法の関連情報