遺伝子再集合(読み)イデンシサイシュウゴウ

デジタル大辞泉「遺伝子再集合」の解説

いでんし‐さいしゅうごう〔ヰデンシサイシフガフ〕【遺伝子再集合】

型の異なる近縁ウイルスが同時に同一の宿主細胞に感染した際に、遺伝子の分節が混合して新型のウイルスが出現すること。
[補説]新型インフルエンザウイルスの出現は、遺伝子再集合によって起こると考えられている。1968年に香港風邪と呼ばれるパンデミックを起こしたH3N2型のインフルエンザウイルスは、野生のカモ類に由来するH3型のウイルスと、人に由来するH2N2型のウイルスが同時にに感染したことにより発生したとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android