コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺伝子組み換え食品の安全性評価 いでんしくみかえしょくひんのあんぜんせいひょうかsafety assessment of genetically modified food

知恵蔵の解説

遺伝子組み換え食品の安全性評価

遺伝子組み換え作物の開発者が各種の安全性試験データを収集し、これらが安全性審査基準に適合していることの確認を、厚生労働大臣に申請する。安全性の確認は2001年4月から法的に義務付けられた。組み換えDNA技術は米国で1973年に開発され、80年代には飼料や食品とする遺伝子組み換え作物の開発が進んだ。このため、OECDとWHO(世界保健機関)/FAO(国連食糧農業機関)から安全性評価のための考え方(実質的同等性の概念など)が打ち出され、90年代に先進各国では安全性確保の仕組みが整えられた。

(川口啓明 科学ジャーナリスト / 菊地昌子 科学ジャーナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

遺伝子組み換え食品の安全性評価の関連キーワード遺伝子組み換え食品

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android