コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺族生活資金

保険基礎用語集の解説

遺族生活資金

世帯主に万一のことがあった場合に、その後の遺族のために必要となる生活資金を指します。末の子どもが大学を卒業するまでの生活資金を家族の生活資金といいます。さらに子どもが独立したあと、残されたが経済的に不安を抱かずに老後を過ごせる資金を妻の生活資金といいます。これら2つを合わせた資金を遺族生活資金といい、必要額は一般的には次の算式で計算される。家族の生活資金月間生活費×0.7×12カ月×(22歳−末の子の現在年齢)妻の生活資金月間生活費×0.5×12カ月×末の子の大学卒業時の妻の平均余命です。

出典|みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について | 情報

遺族生活資金の関連キーワード世帯主

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android