コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

還幸 カンコウ

デジタル大辞泉の解説

かん‐こう〔クワンカウ〕【還幸】

[名](スル)
天皇が出先から帰ること。還御(かんぎょ)。
神が神幸先から帰ること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんこう【還幸】

( 名 ) スル
天皇が行幸先から帰ること。還御かんぎよ。 「主上しゆじよう隠岐国より-成つて/太平記 7
神が神幸先から帰ること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

還幸の関連キーワード津和野弥栄神社の鷺舞明治4年反政府事件祇園祭の前祭と後祭稲荷祭り・稲荷祭戸畑祇園大山笠山国(京都府)石岡のおまつり小倉祇園太鼓住吉行宮跡倭姫命世記後村上天皇天満天神祭後亀山天皇建武の中興住吉行宮大原御幸光厳天皇愛宕通旭落合直言南宮大社

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

還幸の関連情報