コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

還御 カンギョ

デジタル大辞泉の解説

かん‐ぎょ〔クワン‐〕【還御】

[名](スル)天皇法皇三后が出かけた先から帰ること。転じて、将軍公卿出先から帰ることにいう場合もある。還幸

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんぎょ【還御】

( 名 ) スル
天皇・上皇が行幸先から帰ること。還幸。のちには、将軍・公家に対しても用いられた。 「石山に詣でて-ありけるに/東関紀行」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

還御の関連キーワード弥彦神社灯籠まつり御・漁・禦・馭・魚御宝殿熊野神社例祭白間津のオオマチ貴船祭[真鶴]石岡のおまつり日吉大社山王祭吉田の火祭り火祭[那智]八代妙見祭鞍馬の火祭津島天王祭長崎くんち鶴亀(能)立て明かし松尾大社護良親王菅原文時東関紀行姉小路氏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

還御の関連情報