コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出先 デサキ

デジタル大辞泉の解説

で‐さき【出先】

外出、または出張している先。「出先から連絡がある」
出先機関」の略。
品物の出どころ。「骨董品の出先を確かめる」
芸者の呼ばれる料亭や待合など。おでさき。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

でさき【出先】

出掛けて行った先。 「 -から電話する」
「出先機関」の略。
芸者の呼ばれて行く所。待合など。
物の出所でどころ。 「凶器の-を調べる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

出先の関連キーワード北海道オホーツク〈総合振興局〉北海道釧路〈総合振興局〉北海道十勝〈総合振興局〉北海道空知〈総合振興局〉北海道後志〈総合振興局〉北海道宗谷〈総合振興局〉九州広域行政機構構想北海道日高〈振興局〉北海道石狩〈振興局〉北海道留萌〈振興局〉北海道檜山〈振興局〉北海道根室〈振興局〉出先機関の廃止方針出社・帰社・退社地方支分部局直行・直帰税務事務所地方事務所通商代表部馳せ戻る

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出先の関連情報