コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邢侗 けいとうXíng Tóng

1件 の用語解説(邢侗の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けいとう【邢侗 Xíng Tóng】

1551‐1612
中国,明末の文人。字は子愿(しげん)。山東省臨邑の出身。1574年(万暦2)22歳で進士となり,官は陝西行太僕少卿兼僉事(せんじ)に至ったが,30余歳で退隠,泲水(しすい)の黎丘に来禽館を築いて賓客を招き,巨富を散じて没落した。最も二王を宗とした書で名高く,董其昌とともに〈北邢南董〉,張瑞図(ちようずいと),米万鍾(べいばんしよう)を加えて〈邢張米董〉と称された。画については現存するものを聞かない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

邢侗の関連キーワード本庄城オラトリオ会パシオ勧修寺光豊ルドルフ[2世]若山城と陶晴賢大友宗麟アンリ織田信秀大巌寺

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone