邢侗(読み)けいとう(英語表記)Xíng Tóng

世界大百科事典 第2版の解説

けいとう【邢侗 Xíng Tóng】

1551‐1612
中国,明末の文人。字は子愿(しげん)。山東省臨邑の出身。1574年(万暦2)22歳で進士となり,官は陝西行太僕少卿兼僉事(せんじ)に至ったが,30余歳で退隠,泲水(しすい)の黎丘に来禽館を築いて賓客を招き,巨富を散じて没落した。最も二王を宗とした書で名高く,董其昌とともに〈北邢南董〉,張瑞図(ちようずいと),米万鍾(べいばんしよう)を加えて〈邢張米董〉と称された。画については現存するものを聞かない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android