賓客(読み)ヒンキャク

  • ひんかく

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 客。客人。ひんきゃく。
※懐風藻(751)春日於左僕射長王宅宴〈大津首〉「琴樽宜此処、賓客有相追」
※太平記(14C後)二七「賓客(ヒンカク)堂上に充満して」 〔論語‐公冶長〕
② (漢の高祖が皇太子を廃そうとしたとき、呂后が張良のすすめで、商山の四皓を迎えて賓客として遇し、太子に従って入朝させたので、高祖が断念したという「史記‐留侯世家」に見える故事から) 皇太子につきそって指導する補導官。
※和漢朗詠(1018頃)下「唐の太子賓客白楽天 愛して吾が友となす〈藤原篤成〉」
〘名〙 (「きゃく」は「客」の呉音) =ひんかく(賓客)
※正法眼蔵(1231‐53)重雲堂式「近辺にても、賓客とものいふこゑ、たかくすべからず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の賓客の言及

【客】より

…中国では家族・同族・同郷・同国以外の人や来訪者,臨時の寄留者を客,賓,賓客といい,客が主人と面会するときや主人がもてなすときの礼式は五礼の中の〈賓礼〉とよばれて重視される。天子は諸侯を賓礼によって遇し,賓客は礼遇すべきものと観念される。…

※「賓客」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

賓客の関連情報