那辺加(読み)なべか

精選版 日本国語大辞典の解説

なべか【那辺加】

〘名〙 スズキ目イソギンポ科の海産魚。全長八センチメートルに達し、体は細長く側扁し、背びれが尾柄まで達する。鱗と側線がなく、体表は粘液でおおわれている。体色は地が黄色で、頭から体の中央付近まで黒褐色の横帯があり、残りに小黒点を密布する。北海道南部以南から九州南部、朝鮮半島南部、山東半島に分布。岩礁性の海岸のタイドプールなどに生息。観賞用に水族館などで飼育される。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

那辺加 (ナベカ)

学名:Omobranchus elegans
動物。イソギンポ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android