郭清会(読み)かくせいかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

郭清会
かくせいかい

廃娼,売春禁止をキリスト教信仰の立場から運動した団体。 1911年,吉原が全焼した際多くの焼死者を出したのを機に,以前から運動してきた信徒たちは郭清会をつくり,吉原遊郭反対を叫んで廃娼運動を行なった。創立委員長に江原素六,会長に島田金三郎,副会長に安部磯雄矢島楫子らがいた。以後郭清会により,この運動をキリスト教全体のものとする一方,全国的な組織として活動した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android