コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都市鉱山 としこうざん urban mine

3件 の用語解説(都市鉱山の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

都市鉱山

携帯電話などのIT製品や家電製品貴金属レアメタル(希少金属)が含まれているので、その廃棄物を積極的に「採掘可能」な資源と考えて都市を1つの鉱山とみなそうとする概念。都市部から排出された電気・電子機器の廃棄物をリサイクルしてそこから貴金属やレアメタルを取り出し、再利用する。南條道夫(当時東北大学選鉱製錬研究所教授)らが1980年代に提唱した、リサイクルについての考え。レアメタルの価格が上昇するに伴い、再び注目されている。
独立行政法人物質・材料研究機構の元素戦略クラスター長の原田幸明の算定によれば、日本国内に蓄積されているリサイクル対象の金属の量は、世界有数の資源国に匹敵する規模の「埋蔵量」を持っている。日本国内の「都市鉱山」に含まれている金は世界の現有埋蔵量の約16%であり、他にもインジウムタンタルなど、世界の確認埋蔵量の1割を超える金属が多数ある。
「都市鉱山」からの「資源採掘」についての課題は、採算性である。小型家電には1つの製品に多種類のレアメタルが少量ずつ含まれており、選別に手間がかかる。技術的には取り出すことは可能でも、採算が合わない。レアメタルを含む小型家電が大量に廃棄され埋め立てられている現状もある。また、現在「都市鉱山」の資源は廃棄物処理と抱き合わせにされて安い値段で海外に流出している。

(小林拓矢  フリーライター / 2009年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

都市鉱山

使用済みの携帯電話や家電製品にはニッケルパラジウムといった希少金属(レアメタル)が多く含まれるため、「都市鉱山」と呼ばれる。国内で回収できる量が、世界有数の資源国の埋蔵量に匹敵すると指摘される金属もあり、再利用のための技術開発が進む。政府は昨年7月、「レアメタル確保戦略」をまとめた。

(2010-01-04 朝日新聞 朝刊 富山全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とし‐こうざん〔‐クワウザン〕【都市鉱山】

家電製品などに使われているレアメタル(希少金属)など有用な物質を再生可能な資源と見なし、それが廃棄されて集まる場所を都市の中の鉱山に見立てたもの。天然資源に乏しい日本にとっては重要なリサイクル資源として見直されている。アーバンマイン
[補説]東北大学南条道夫元教授が命名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

都市鉱山の関連キーワードデジタル家電家電固定電話家電製品協会第一世代携帯電話第四世代携帯電話ローエンドfirmware家電製品

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

都市鉱山の関連情報