コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天然資源 てんねんしげんnatural resources

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天然資源
てんねんしげん
natural resources

自然資源ともいう。人間に利用される自然のなかの物質および物質生成の源泉となる環境の働きをいう。土地,水,鉱物などの無生物資源と森林,野生鳥獣,魚などの生物資源がある。それらは存在する場所によって地下資源,地上資源,水産資源に,また用途によって食料資源,原料資源などに分類される。天然資源の分布は偏在していることが多く,その獲得をめぐってしばしば国際間に紛争の生じることがある。日本は工業原料となる資源が特に乏しく,ほとんどを海外に依存している。近年,天然資源の有限性が認識され,その有効活用が国際的課題になっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てんねん‐しげん【天然資源】

天然に存在して、人間の生活や生産活動に利用しうる物資・エネルギー総称。土地・水・埋蔵鉱物・森林・水産生物など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てんねんしげん【天然資源】

天然に存在する資源。土地資源・森林資源・水資源・観光資源など。 → 資源

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の天然資源の言及

【資源】より

…しかしその内容認識は人によって非常に違っているようである。近年地球規模で資源が論じられることが多いが,そのようなときには主として人間の利用できる天然資源natural resourcesを指すようである。しかし,一方〈人的資源〉なることばも使われ,この場合は人間がみずからを客観的に見て,なんらかの目的の達成には人間も必要な資源と考えているのであろう(〈人的資本理論〉の項参照)。…

※「天然資源」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天然資源の関連キーワードクイーン・シャーロット[諸島]ウルフ・I. ラデジンスキーオルターナティブ投資好況にわくロシア経済フィリピンの森林資源資源ナショナリズム国際自然保護連合三井物産とロシアアルバータ[州]バルディーズ原則一丸ファルコスラデジンスキー排他的経済水域ボリビア共和国環日本海経済圏新国際経済秩序ローマクラブ李承晩ライン資源の呪い循環型社会

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天然資源の関連情報