東北大学(読み)とうほくだいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東北大学
とうほくだいがく

国立大学。前身は 1907年創設の東北帝国大学(→帝国大学)。同 1907年農科大学開設。1911年理科大学,1915年医科大学を開設。1918年農科大学が分離。その後大学改革により 1919年理学部,医学部,工学部を設置。1922年法文学部,1947年農学部を設置し,同 1947年東北大学と改称。1949年に旧制第二高等学校,仙台工業専門学校,宮城師範学校などを統合して新制総合大学となり,文学部,教育学部,法学部,経済学部,理学部,医学部,工学部,農学部を置いた。1965年歯学部,1972年薬学部開設。1953年大学院を設置。病院,金属材料研究所,流体科学研究所などの研究所を付設本部所在地は宮城県仙台市

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とうほく‐だいがく【東北大学】

宮城県仙台市にある国立大学法人。明治40年(1907)東北帝国大学として開校。当初は札幌農学校を改組した農科大学と仙台の理科大学からなる。第二高等学校ほか専門学校5校を合併して、昭和24年(1949)新制大学に移行。平成16年(2004)国立大学法人となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

東北大学【とうほくだいがく】

仙台市にある国立大学。前身の東北帝国大学は,札幌の農科大学と仙台の理科大学からなる2分科大学として1907年に設置された。初代総長沢柳政太郎は,帝国大学で初めて女子学生の本科生としての入学を許可。1947年東北大学と改称したのち,1949年,二高(1887年創立),仙台工専(1906年),宮城女専(1926年),宮城師範(1943年),同青年師範(1944年)等を統合,新制大学として発足。2004年4月より国立大学法人へ移行。文,教育,法,経済,理,医,歯,工,農,薬の各学部(2012年4月現在)。金属材料,素材工学,電気通信,加齢医学などの各研究所を付設。教育学部の教員養成課程は1965年宮城教育大学として分離。
→関連項目青葉[区]狩野文庫男女共学帝国大学北海道大学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうほくだいがく【東北大学】

仙台市片平に本部をおく旧制帝大系の国立総合大学。1907年6月札幌の農科大学,仙台の理科大学の2分科大学からなる東北帝国大学が設置され,初代総長に教育学者沢柳政太郎が就任,他の帝国大学に先んじて女子学生の本科生としての入学を許可した。農科大学は札幌農学校を移管・拡充して同年9月に,理科大学は11年に開設した。その設立には九州帝大と同様に,足尾鉱毒事件で有名な古河鉱業の古河家から多額の寄付金が寄せられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とうほくだいがく【東北大学】

国立大学の一。1907年(明治40)東北帝国大学として創立。49年(昭和24)第二高等学校・仙台工専・宮城師範・同青年師範・宮城女専を併合して、新制大学となる。本部は仙台市青葉区。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東北大学
とうほくだいがく

国立大学法人。1907年(明治40)、東京、京都帝国大学に次いで、日本で3番目の帝国大学として勅令により創設された東北帝国大学が前身。当初、札幌(さっぽろ)農学校を改称した農科大学と1911年に設置された理科大学からなっていたが、1918年(大正7)農科大学は、本学から分離して北海道帝国大学農科大学となる。1915年医科大学を増設。1919年、その前年に公布された大学令により分科大学制を廃して学部制をとり、理学、医学、工学の3学部を設置、その後、法文学、農学の2学部を増設、さらに金属材料研究所(1919)をはじめとする10研究所を第二次世界大戦前に設置し、研究中心の総合大学として発展した。1949年(昭和24)第二高等学校、仙台高等工業学校、宮城県女子専門学校、東北大学附属医学専門部、宮城師範学校、宮城青年師範学校を統合して、新制の東北大学となった。
 当初8学部(文学、教育学、法学、経済学、理学、医学、工学、農学)で出発したが、歯学部(1965)、薬学部(1972)が増設され、2010年(平成22)時点で10学部で構成されている。なお、1965年教育学部教員養成課程が分離独立して宮城教育大学となった。大学院はこれら10学部のほか、1993年(平成5)には国際文化研究科、情報科学研究科、2001年には生命科学研究科、2002年には教育情報学教育部、教育情報学研究部、2003年には環境科学研究科、2008年には医工学研究科が設置された。これら15研究科と2つの部すべてに博士課程がある。附置研究所としては、すでに第二次世界大戦前からの伝統をもつ金属材料研究所、加齢医学研究所、流体科学研究所、電気通信研究所、多元物質科学研究所があるほか、惑星プラズマ・大気研究センター、電子光理学研究センター、地震・噴火予知研究観測センターなど30以上の附属教育研究施設が附設されている。このほか附属病院がある。キャンパスは仙台市青葉区内5地区(片平、川内、荒巻字青葉、星陵町(せいりょうちょう)、堤通雨宮町(つつみどおりあまみやまち))に分散。2004年4月、国立大学法人法の施行に伴い、国立大学法人となる。本部は仙台市青葉区片平2-1-1。[馬越 徹]
『東北大学編・刊『東北大学五十年史』上下(1960) ▽東北大学編・刊『東北大学百年史』(2003~2010)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の大学ブランド商品の解説

東北大学

[国立、宮城県仙台市青葉区]
[設置者]国立大学法人 東北大学
[沿革・歴史]1907(明治40)年6月、東北帝国大学を創立。1947(昭和22)年10月、東北大学と改称。1949(昭和24)年5月、宮城県女子専門学校・第二高等学校・仙台工業専門学校・宮城師範学校・宮城青年師範学校を併合・包括。2004(平成16)年4月、国立大学法人東北大学となる。
[キャンパス]片平キャンパス/川内キャンパス/青葉山キャンパス/星陵キャンパス/雨宮キャンパス(いずれも仙台市青葉区)
[マーク類]2005(平成17)年4月、公式ロゴマークを制定。同年11月に商標登録済(第4909297号)。2007(平成19)年6月には、ロゴマークを学章としても定めた。宮城野や仙台を象徴する植物とされてきた「萩」をモチーフとしたもの。
[ブランド一覧]
ADSTEFAN | アロマパッチ | 狩野文庫グッズ | 乾燥しいたけ | 漱石文庫グッズ | 超臨界炭酸ガスクリーニング | はぎのすけ(萩ノ助) | 萩丸 | ブルーベリージャム | MOMI超 | 東北大学オリジナルグッズ
(注)記載内容は事典編集当時(2010年2月)のものです。内容・価格等はその後に変更になった場合もあります。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の大学ブランド商品」事典 日本の大学ブランド商品について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東北大学の関連情報