都築 甚之助(読み)ツヅキ ジンノスケ

20世紀日本人名事典の解説

都築 甚之助
ツヅキ ジンノスケ

明治〜昭和期の細菌学者



生年
明治2年11月19日(1869年)

没年
昭和8(1933)年3月12日

出身地
愛知県

学歴〔年〕
第一高等中学校医学部(現・千葉大学医学部)卒

経歴
陸軍軍医としてドイツに留学、明治41年臨時脚気病調査会委員となる。脚気が栄養欠乏で起こり、米ぬかにより予防・治療できることを動物実験で確認、海軍軍医・高木兼寛の提唱した栄養原因説を支持した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android