コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高木兼寛 たかきかねひろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高木兼寛
たかきかねひろ

[生]嘉永2(1849).9.15. 日向
[没]1920.4.12. 東京
軍医,医学者。日向国穆佐村 (むかさむら) に薩摩藩士高木喜助の長男として生まれる。幼名は藤四郎,穆園 (ぼくえん) と号した。鹿児島開成学校でウィリアム・ウィリスに医学を学び,1872年海軍軍医となり,海軍病院でウィリアムアンダーソンの指導を受け,1875年イギリスに留学。セントトマス医学校に入学,1880年,日本人として初めてイギリス外科医師会の会員となって帰国した。 1883年脚気病調査委員になり,海軍練習艦隊がサンフランシスコに寄港中,脚気の発病者を出さなかったことに注目,脚気が日本式兵食に起因するとして,パン,肉類,野菜を主とする洋式兵食に変え,1885年に脚気発病率を 0.5%,1886年は 0.35%に減少させた。のち海軍軍医総監となり,また 1881年成医会講習所 (東京慈恵会医科大学前身) を設け,有志共立東京病院 (東京慈恵会医院の前身) を建てた。さらに 1885年,同病院内に看護婦教育所を設け,看護教育の先鞭をつけた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たかぎ‐かねひろ【高木兼寛】

[1849~1920]衛生学者。日向の人。海軍軍医総監。日本初の医学博士。有志共立東京病院(東京慈恵会医大病院の前身)を設立したほか、海軍の食事を麦飯に替えて脚気(かっけ)の防止に努めた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高木兼寛 たかき-かねひろ

1849-1920 明治-大正時代の医学者。
嘉永(かえい)2年9月15日生まれ。鹿児島で西洋医学をまなび,明治5年海軍軍医。イギリスに留学,18年海軍軍医総監となる。脚気の栄養原因説を主張,麦飯の採用など兵食の改善で海軍の脚気を撲滅。成医会講習所(東京慈恵医大の前身),有志共立東京病院,看護婦養成所を設立。日本最初の医学博士。大正9年4月13日死去。72歳。日向(ひゅうが)(宮崎県)出身。幼名藤四郎。号は穆園。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高木兼寛

没年:大正9.4.13(1920)
生年:嘉永2.9.15(1849.10.30)
明治大正期の海軍軍医,教育者。日向国(宮崎県)東諸県郡穆佐村白土坂生まれ。薩摩(鹿児島)藩士高木喜助の長男。幼名は藤四郎,穆園と号した。慶応2(1866)年石神良策について医学を修め,翌年岩崎俊斎の門に入って蘭学を学んだ。慶応4年6月藩兵付属医師として東北征討軍に従って奥州を転戦した。明治5(1872)年4月師の石神のすすめに従って海軍軍医となり,8年6月ロンドンのセント・トーマス医学校に留学し,優秀な成績を修めて13年11月帰国。その後栄進して18年12月海軍軍医総監に任じられた。当時海軍にはびこっていた脚気を撲滅するため,白米食を排して麦飯を支給し,海軍から脚気を一掃することに成功した。のち男爵を授けられたとき(1905),「麦飯男爵」とあだ名された。海軍に勤務するかたわら,14年には東京に成医会講習所(東京慈恵会医科大)を設立,15年には有志共立東京病院,18年には看護婦養成所を創り,医師とあわせて看護婦の養成にも尽力した。<参考文献>東京慈恵会医科大学創立八十五年記念事業委員会編『高木兼寛伝』,松田誠『脚気をなくした男 高木兼寛伝』

(深瀬泰旦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たかぎかねひろ【高木兼寛】

1849‐1920(嘉永2‐大正9)
明治・大正期の軍医。宮崎県生れ。幼名藤四郎。石神良策,W.ウィリスに医学を学び,1872年(明治5)海軍省出仕。75年ロンドンのセント・トマス病院医学校に留学し,80年帰国,東京海軍病院長となる。81年成医会をつくり,成医会講習所(京橋区鎗屋町)の所長となる(東京慈恵会医大はこれを原点としている)。翌82年有志共立東京病院(同大学付属病院の前身)を設立し,85年同院に看護婦養成所を設立し,日本最初のナイチンゲール式近代看護教育を開始した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たかぎかねひろ【高木兼寛】

1849~1920) 衛生学者。日向ひゆうがの人。海軍軍医総監。脚気病対策に取り組み、海軍の食事改善により1885年(明治18)脚気追放に成功。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高木兼寛
たかぎかねひろ
(1849―1920)

明治・大正期の海軍軍医。「けんかん」ともよぶ。日向国(ひゅうがのくに)(宮崎県)に高木兼次の子として生まれる。幼名は藤四郎。8歳から山中香山に漢学を学び、18歳で鹿児島に出て、蘭医(らんい)石神良策(1821―1875)に師事した。戊辰(ぼしん)の役に従軍したのち、ふたたび鹿児島に戻って医学開成学校に入学、学校長のイギリス人医師ウィリスに才能を認められ、イギリス留学を勧められた。1872年(明治5)海軍軍医となり、1875年イギリスに留学、ロンドンのセント・トーマス病院医学校に入学し、1880年に同校を優秀な成績で卒業した。帰国後、海軍病院長、海軍省医務局長を歴任、1885年に海軍軍医総監、1888年に日本最初の医学博士の一人となった。その間、1881年に成医会を結成し、成医会講習所(東京慈恵会医科大学の前身)を創立、また1883年には大日本私立衛生会の創立にも加わった。
 1882年ころの海軍の脚気(かっけ)罹病(りびょう)者は1000人当り400人にも達し、国防上の大問題となった。高木は海軍兵食の改善を図り、主食には米飯とパンを用いたが、副食には肉を多くし、脚気を防ぐのに成功した。[三浦豊彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の高木兼寛の言及

【脚気】より

…とくに明治政府の富国強兵策による軍隊の増強とともに,脚気は兵営に急速に増加し,明治初年には陸軍で兵士の5分の1から3分の1がこれを発症し,日清・日露の戦時には前線将兵のほぼ4分の1が脚気となり,それは総傷病者数の2分の1というありさまであった。脚気の病因については,当時なお中毒説・伝染説・栄養障害説がこもごも論ぜられ,治療のきめ手を欠いていたが,イギリスの衛生学を学んできた海軍の高木兼寛は,いちはやく脚気対策の重点を食に置き,兵食改良に着手し,海軍では兵食を米麦混食にしてから脚気は急速に減少した。【立川 昭二】。…

【東京慈恵会医科大学】より

…東京都港区西新橋に本部をおく医科専門の私立大学。1881年医療改善と医学研究を目的とする開業医の団体成医会(会長高木兼寛)が開設した夜間の医師養成機関,成医会講習所が起源。90年に修業年限4年,学生定員300名の成医学校に発展。…

【ビタミン】より

…しかし,生理学,栄養学的にビタミンの研究が進んだのは,19世紀後半になってからであった。 日本海軍の軍医であった高木兼寛は1882‐84年,軍艦乗組員の大規模な栄養調査を行った。82年,東京からニュージーランドに向かった軍艦〈竜驤(りゆうじよう)〉は,272日の航海中,169人の脚気患者と25人の脚気による死者を出した。…

※「高木兼寛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高木兼寛の関連キーワードウィリス(William Willis)都築 甚之助都築甚之助戸塚文海大正時代隈川宗悦松山棟庵高木兼二高木喜寛樋口一成高木岬かっけ薬局方東城修

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android