コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都腰巻(き) ミヤココシマキ

1件 の用語解説(都腰巻(き)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みやこ‐こしまき【都腰巻(き)】

毛糸でメリヤス編みにした筒形の腰巻き。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の都腰巻(き)の言及

【腰巻】より

…裾除(すそよけ)とも呼ばれ,おもに化繊やちりめんの単(ひとえ)で,打合せ式,スカート式がある。下ばきを着用しない昭和以前には肌着としてのネルやさらし木綿のもの,その上に重ねた保温のための袷や,大正時代には毛糸編みの都(みやこ)腰巻などがあった。江戸時代の女性が混浴時に用いた膝上の長さの木綿製の湯巻は,横布二幅使いのため二布(ふたの)とも呼ばれ,女房言葉で湯文字(ゆもじ)ともいった。…

※「都腰巻(き)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone