コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルドス Ordos

デジタル大辞泉の解説

オルドス(Ordos)

中国、内モンゴル自治区南部、湾曲する黄河万里の長城に囲まれる地域。草原・砂漠からなる高原。古来、漢族と北方遊牧民族が奪い合った地域で、明(みん)末にモンゴル族オルドス部が占拠したが、1635年、清朝の支配下に入った。中国名、河套(かとう)。
[補説]「鄂爾多斯」とも書く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

オルドス【鄂爾多斯】

中国、内モンゴル自治区南部、北と西を黄河に囲まれ、南を万里の長城に限られた地域。大部分が砂漠。灌漑による農業と牧畜が行われる。古くから漢族と北方遊牧民族が奪い合い、明代にモンゴル族のオルドス部が占拠。中国名、河套かとう。旧綏遠すいえん省の南部に当たる。 〔「鄂爾多斯」とも書く〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

オルドスの関連キーワードイクチャオ(伊克昭)盟ホータオ(河套)平原ニンシヤ(寧夏)平原ユイリン(楡林)地区ムウス(毛烏素)砂漠ホワン(黄)河ボバイの乱陰山山脈

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オルドスの関連情報