コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

配位多面体 はいいためんたい coordination polyhedron

1件 の用語解説(配位多面体の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はいいためんたい【配位多面体 coordination polyhedron】

おもに無機物質,鉱物の結晶構造を剛体球の原子の集合とみなして考えたとき,陽イオンは一群の陰イオンによって取り囲まれている。この陰イオンの中心を結んでできる多面体配位多面体と呼び,その数を配位数という。陽イオンと陰イオンの距離をほぼ等しいとし,〈すべての陰イオンが陽イオンに接している限り,陽イオンのまわりを取り囲む陰イオンの数はできるだけ大きくなる〉という経験則を受け入れると,配位多面体は陽イオンAと陰イオンXの半径の比rA/rXにより推定できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

配位多面体の関連キーワード鉱物鉱物学互変結晶構造鉱物質肥料無機物中性子線無機イオンビオピリボール定永両一

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone