コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

配位多面体 はいいためんたいcoordination polyhedron

世界大百科事典 第2版の解説

はいいためんたい【配位多面体 coordination polyhedron】

おもに無機物質,鉱物の結晶構造を剛体球の原子の集合とみなして考えたとき,陽イオンは一群の陰イオンによって取り囲まれている。この陰イオンの中心を結んでできる多面体を配位多面体と呼び,その数を配位数という。陽イオンと陰イオンの距離をほぼ等しいとし,〈すべての陰イオンが陽イオンに接している限り,陽イオンのまわりを取り囲む陰イオンの数はできるだけ大きくなる〉という経験則を受け入れると,配位多面体は陽イオンAと陰イオンXの半径の比rA/rXにより推定できる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

配位多面体の関連キーワードゴールトシュミット‐ポーリングの原理ポーリングの原理(結晶構造)ポーリングの第二規則ポーリングの第一規則

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android