コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

配位 ハイイ

大辞林 第三版の解説

はいい【配位】

一個の中性原子またはイオンをとり囲んで、複数個の原子・分子・イオンなどが配列すること。特に、錯体の中で、中心の原子に対して、空間的に一定の位置を占めた配位子が結合すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の配位の言及

【配位説】より

…高次化合物の構造および結合状態について,ドイツのA.ウェルナーが1893年提出した考え方。その後部分的には修正されたが,基本的な考え方は正しいことが明らかになり,現在では配位理論と呼ばれている。 19世紀も後半になると,炭素の四面体4価という原子価理論や,ベンゼン環の六角形構造が明らかにされ,各種有機化合物の構造が解明されて,その立体化学が発展してきた。…

※「配位」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

配位の関連キーワードゴールトシュミット‐ポーリングの原理ポーリングの第一規則ポーリングの第二規則ポーリングの第三規則金属キレート化合物グリシルグリシンキレート化合物ウェルナー錯体トランス効果アンミン錯体キレート試薬アクアイオン有効原子番号高次化合物クロロ錯塩キレート剤キレート化半極性結合コバラミン配位化合物

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android