コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒煎り サカイリ

デジタル大辞泉の解説

さか‐いり【酒煎り】

酒を少量用いて材料をいりつけ、の香りをつけること。エビ・貝・イカ・ぎんなんなどの下処理として行う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

さかいり【酒煎り】

材料と少量の酒を火にかけ、汁気のなくなる程度にいりつけること。魚介類鶏肉などの材料の生臭さやくせを取り、酒の風味を移すための調理法。下ごしらえとして用いる場合が多い。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

さかいり【酒煎り】

煮物の味つけをするとき、醬油・塩などのほかに酒を入れて味加減をすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

酒煎りの関連キーワード味加減煮物

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酒煎りの関連情報