ぎんなん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ぎんなん
ぎんなん / 銀杏

イチョウの種子をいう。イチョウは雌雄異株で、10月中旬から下旬に雌木に果実が熟す。熟果は直径2センチメートル内外、黄褐色の柔らかい外種皮(がいしゅひ)は悪臭をもつ。この中に通常2稜(りょう)のある堅い白色の中(ちゅう)種皮(鬼皮(おにがわ))をもった種子があり、堅果として市場に出ているぎんなんはこれである。中種皮の内側に褐色の被膜状の内種皮(薄皮(うすかわ))があり、この中に食用となる青緑色の胚乳(はいにゅう)をもつ胚がある。外種皮にはビロボールやギンゴール酸を含み、これに直接触れるとかぶれることがある。これらの物質は幹や葉にも含まれ、防虫作用をもつといわれ、乾葉はトウガラシやタバコの葉とともにシミ(衣服や本につく昆虫)などの防虫に用いられた。胚乳にはタンパク質4.7%、微量のエルゴステリンやレシチンを含む脂質1.7%、炭水化物34.7%前後を含む。
 独特の風味と色は日本料理にふさわしく、鬼皮をとって塩ゆでし、薄皮をとって茶碗(ちゃわん)蒸しや寄せ鍋(なべ)にする。鬼皮をつけたまま焼き、はぜた鬼皮を熱いうちにむいたものは酒のつまみによい。薬用として咳(せき)止め、下痢止め、通経、利尿によいという。多食すると急性中毒をおこすことがある。[飯塚宗夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

ぎんなん[豆類]

東北地方、宮城県の地域ブランド。
主に柴田郡川崎町・栗原市などで生産されている。ぎんなんは、いちょうの実。肺の働きを高める効果や喘息を止める効果などがあり、古くから漢方薬として利用されている。1988(昭和63)年、柴田郡川崎町が宮城県内で初めていちょうの栽培に着手。近年は、栗原市でも植栽が進められている。現在、久寿・嶺南の2品種が栽培されている。

ぎんなん[豆類]

東海地方、愛知県の地域ブランド。
主に稲沢市・一宮市で生産されている。愛知県の特産品で全国トップクラスの産出額を誇る。古くから稲沢市祖父江町では防風のためにいちょうが植えられていた。およそ100年ほど前から、ぎんなん栽培が始まったという。祖父江町で育成された金兵衛・久寿や藤九郎などの品種がある。鮮やかな黄緑色で、独特の香りとほろ苦い風味が特徴。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぎんなんの関連情報