コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒酔星(読み)さけよいぼし

とっさの日本語便利帳の解説

酒酔星

夏を代表する南の空に輝く蠍(さそり)座の星の一つがこれ。赤く光る一等星アンタレスは、蠍座の中央部にあり、赤い顔をしているので酒酔星、あるいは赤星(あかぼし)、旱星(ひでりぼし)といわれる。
女立たせてゆまるや赤き旱星\西東三鬼
この星は豊年瑞兆とされるので、豊年星の異名もある。蠍座は南の空に大きくS字形に並んでおり、それを鉤(かぎ)針に見立てて、魚釣り星とか、鯛釣り星と呼んでいるところもある。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android