コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒酔星 さけよいぼし

とっさの日本語便利帳の解説

酒酔星

夏を代表する南の空に輝く蠍(さそり)座の星の一つがこれ。赤く光る一等星アンタレスは、蠍座の中央部にあり、赤い顔をしているので酒酔星、あるいは赤星(あかぼし)、旱星(ひでりぼし)といわれる。
女立たせてゆまるや赤き旱星\西東三鬼
この星は豊年瑞兆とされるので、豊年星の異名もある。蠍座は南の空に大きくS字形に並んでおり、それを鉤(かぎ)針に見立てて、魚釣り星とか、鯛釣り星と呼んでいるところもある。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android