酣酔(読み)カンスイ

デジタル大辞泉の解説

かん‐すい【×酣酔】

[名](スル)十分に酒に酔うこと。
「彼はあたかも―した人のようであった」〈藤村・春〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんすい【酣酔】

( 名 ) スル
酒に十分に酔うこと。大いに酔うこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐すい【酣酔】

〘名〙 十分にを飲み酔うこと。
※栄花(1028‐92頃)殿上の花見「遂杖酔、各発詠哥」
※翁問答(1650)下「凡夫の酒に酣酔(カンスイ)して心くらく威儀乱たるを見て」 〔晉書‐阮籍伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android