コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凡夫 ぼんぷ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

凡夫
ぼんぷ

仏教用語。愚かな煩悩を断じていない衆生をいう。サンスクリット語ではプリタクジャナ pṛthag-janaといい,必栗託きつ那 (ひつりったきつな) と音写され,異生 (いしょう) と漢訳される。生とは,種々の煩悩によって種々な業果を受け,種々な世界に生じるという意味である。部派仏教でも大乗仏教でも聖者となる以前の段階を凡夫と呼んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼん‐ぷ【凡夫】

《「ぼんぶ」とも》
《〈梵〉pṛthag-janaの訳》仏語。愚かな人。仏教の教えを理解していない人。異生(いしょう)。
平凡な人。普通の人。凡人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼんぷ【凡夫】

〔「ぼんぶ」とも〕
平凡な普通の人。凡人。
〘仏〙 仏教の真理に目ざめることなく、欲望や執着などの煩悩ぼんのうに支配されて生きている人間。異生いしよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

凡夫
ぼんぶ

「ぼんぷ」ともいう。サンスクリット語プリタクジャナpthagjanaの訳。愚かな者、無知な者、凡庸(ぼんよう)な人、一般の人のこと。また仏教で説く四つの真実(四諦(したい))の道理を理解せず、煩悩(ぼんのう)に迷わされている者のこと。阿羅漢(あらかん)などの聖者に対して、いまだ悟りを得ていない人の総称。地獄、餓鬼(がき)、畜生(ちくしょう)、阿修羅(あしゅら)、人間、天上の六道(ろくどう)に輪廻(りんね)する者をいうこともある。[池田練太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の凡夫の言及

【僧】より

…習禅をもっぱらとする者)などの別があった。また,修行向上の度合に応じて凡夫と聖人(しようにん)に分けられる。聖人位はさらに阿羅漢を最高位とする四向四果の八位に分けられる。…

【仏教】より

…一般に禅定の修行により悟るのは難行であるので,機根の劣るものは信によることを勧めるが,大乗では仏の慈悲力で,信のみでも救済されると教える。修行者は修行の段階に応じて,凡夫(ぼんぶ)と聖人(しようにん)に分けられる。聖人は準備的修行(加行(けぎよう))を終えて四諦の理を観じて見道に達したもの以上で,その後究極的完成まで修行を続けることが要請される。…

※「凡夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

凡夫の関連キーワード乗せ事・載せ事観心本尊抄神ならぬ身凡聖一如廓然無聖横川法語当位即妙分段同居司馬可因五十二位分段生死閻浮の身同居土分別智如来蔵四顛倒分段身仕入れ有漏道生身

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

凡夫の関連情報