コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花見 はなみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花見
はなみ

花,特に旧暦の2月から3月にかけてサクラを見て遊び楽しむこと。元来日本の見は,農耕生活に結びついた「サクラ (穀霊の憑〈よ〉りつく神座の意。サクラに限らなかった) 」の花の花鎮 (しず) めに発したもので,人々の生活に根ざした宗教儀礼,民俗的行事であったが,それがやがて中国文化に触発されて宮廷の花宴になり,さらに貴人遊興に化したといわれている。花見の宴は花の下に座ることによって花粉の精気を吸収する健康法でもあった。桃山時代豊臣秀吉の吉野,醍醐の花見の宴は有名で,江戸時代になると,この花見の風も次第に庶民のものとなり,そのありさまは落語の『長屋の花見』にもうかがわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はな‐み【花見】

花、特にの花を眺めて楽しむこと。 春》「たらちねの―の留守や時計見る/子規

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

花見【はなみ】

主として桜の花を観賞するために山野に遊び酒宴などを催すこと。今ではの行事として一般化したが,かつては定められた節日があり,磯遊びなどと同様の意味をもって行われた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はなみ【花見】

桜の花を観賞するために野山に遊びに行く行事。酒や馳走を用意し,花を見ながら宴を催す。特定庭園の桜のもとで行う例も多い。現代も盛んで,花の時期には桜の名所は花見客でにぎわう。露地敷物を敷いて席を設け,飲み食いをし,歌い踊ってさわぐのは,江戸時代に,江戸,大坂,京都などの大都市を中心に発達した庶民の花見の風俗の継承である。元来,花見は個人の趣味ではなく,社会慣習になっていたところに意味がある。中国・近畿関東地方では,旧暦3月3日か4日に,山に登って飲食をする行事を,花見と称した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はなみ【花見】

花、特に桜の花を見て楽しむこと。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花見
はなみ

主として桜の花を観賞するため、野山に出て飲食し遊ぶ行事。日本列島は南北に長く、また起伏も著しいため開花時期が一定せず、旧暦の3月3日から4月8日ごろまでの間に行われる。もとは個人の趣味や風流の行事ではなく、農事の開始に先だつ物忌みのため、屋外に臨時のかまどを設けて飲食する行事であった。山遊び、磯(いそ)遊び、三月場(さんがつば)、ひいな飯、かまこ焼きなどともいう。たとえば、岩手県上閉伊(かみへい)郡のかまこ焼きは3月3日の行事で、子供たちが10人前後の組をつくり、川原にかまどを築いて煮炊きをして一日中遊ぶ。他の組のかまどを荒らす遊びもある。多くの地方で三月節供の料理に蛤(はまぐり)の吸い物を添えるのは、磯遊びで蛤をとって食べた名残(なごり)である。屋外での炊事が簡略化されると、家で料理したものを重箱に詰めて持って行くようになる。
 古代・中世においては貴族・武家の間で行われたが、近世には大名も町人も、花見弁当や酒器を持って山野に繰り出した。都市近郊の社寺境内、広場、堤などには、人工的に桜を植えて「桜の名所」をつくりだし、江戸では品川御殿山(ごてんやま)、飛鳥(あすか)山、向島(むこうじま)、上野、浅草、小金井(こがねい)などが著名であった。その後も次々に名所ができ、行楽の花見は広がった。現代も花見の行楽は続いているが、一部には、会社などの団体で争って場所をとり、夜桜の下で宴会を開き、夜遅くまで騒ぐ人たちもいる。[井之口章次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

花見の関連キーワード静岡県島田市川根町家山長野県大町市八坂花見桜こうきおせつ徳三郎羽織の幇間花見の仇討見物左衛門元禄花見踊猫も杓子も花見小袖たらちね花見時桜茶屋花の宴猿座頭花疲れ花の幕八笑人小袖幕花見酒

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花見の関連情報