コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸素製鋼法 さんそせいこうほう

1件 の用語解説(酸素製鋼法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酸素製鋼法
さんそせいこうほう

製鋼過程において,溶解期あるいは酸化精錬期に必要な酸素源として純粋酸素を溶融金属面に送入して溶製する方法。従来は,酸素源として空気や装入鉱石を利用していた。吹込んだ酸素によって,鋼中の硫黄,リン,ケイ素などは酸化物の形となって除去される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酸素製鋼法の関連キーワード資本蓄積退化アジアマネー強化精麦ピューロマイシン消滅の法則インジェクションメタラジー宮廷政治酸化的リン酸化(酸化的燐酸化)芦毛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone