醍醐源氏(読み)だいごげんじ

世界大百科事典 第2版の解説

だいごげんじ【醍醐源氏】

醍醐天皇をとする賜姓源氏。一世賜姓では源高明,兼明(のちに兼明親王)がともに左大臣に昇り,そのほか自明,允明,為明等の賜がある。二世賜姓には克明,代明,重明,式明,有明,章明,盛明の諸親王の流がある。高明流では,その子俊賢(四納言の一人)や経房が一条~後一条朝に活躍し,俊賢の子顕基・隆国(宇治大納言),顕基の子資綱・孫家賢や,隆国の子隆俊・隆綱・俊明,隆俊の子俊実,俊明の子能俊らは公卿に昇り,後一条朝~院政時代に活躍した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android