コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高明 こうめい Gao Ming

5件 の用語解説(高明の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高明
こうめい
Gao Ming

中国,元末明初の劇作家。温州 (浙江省瑞安県) の人。字,則誠。幼少から才名が高く,至正5 (1345) 年進士に及第,処州録事となって善政をしいた。その後地方の官を歴任したが,やがて辞して寧波 (浙江省) の櫟社 (れきしゃ) の沈氏のもとにとどまり,元末の争乱を避けつつ詞曲を楽しみ,中国古典劇屈指の傑作『琵琶記』を著わした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こう‐めい〔カウ‐〕【高明】

[名・形動]
地位が高く勢力があること。富貴なこと。また、そのさま。
学識に優れていること。また、そのさま。
「―の諸君子」〈中村正直明六雑誌三〇〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高明 こうみょう

?-? 平安時代中期の僧。
天台宗。播磨(はりま)(兵庫県)円教寺の性空(しょうくう)(910-1007)にまなび,のち筑前(ちくぜん)(福岡県)太宰府(だざいふ)の大山寺にはいる。博多に橋をつくるなど,社会事業にもつくした。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

こうめい【高明】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
徳が高く、賢明である・こと(さま)。 「見識の-に進む/西国立志編 正直
富裕であること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高明
こうめい
(1305?―80?)

中国の元(げん)末明(みん)初の詩人、劇作家。瑞安(ずいあん)県(浙江(せっこう)省)の人。字(あざな)は則誠(そくせい)、号は東嘉(とうか)。1345年(元の至正5)の進士。いくつかの地方官を歴任したのち、56年に引退して(ぎん)県(浙江省)の櫟社(れきしゃ)の沈(しん)氏のところに寄寓(きぐう)し、戯曲『琵琶記(びわき)』を執筆するなど、文筆生活を送った。明の建国後、太祖朱元璋(しゅげんしょう)に招かれたが、老齢と病身を理由に辞退し、寧海(ねいかい)県(浙江省)で没した。『柔克斎詩輯(じゅうこくさいししゅう)』1巻がある。[佐藤 保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の高明の言及

【戯文】より

…また元の雑劇の作者が一般に社会的地位の低かったのに比べて,明代では著名な読書人が戯文を書くようになり,戯曲文学の地位が向上した。その契機を作ったのは,元末・明初の文人高明である。高明は至正年間(1341‐68)の進士であり,詩人としても知られていたが,後漢の蔡邕(さいよう)を主人公とする《琵琶記》を書いた。…

【中国演劇】より

雑劇
[文人による才子佳人劇]
 14世紀中ごろより,ようやく従来の面目を一新し活力を得てきたのが,宋以来南方の地に行われていた〈南戯〉(〈戯文〉ともいい,のちには〈伝奇〉といった)であった。元末・明初のころには,高明によって名作《琵琶記》が書かれ,ほぼ同時期には《荆釵(けいさ)記》《白兎(はくと)記》《幽閨記》《殺狗記》のいわゆる〈四大作〉が出て,にわかに脚光を浴びるようになり,雑劇にかわって主座の地位をしめるにいたった。南戯は雑劇に比べて制約の枠がずっとゆるやかで,〈折〉に相当する〈齣(せき)〉の数には制限がなく,多くは30齣から40齣,あるいは50齣をこえるものもある。…

【伝奇】より

…歌唱担当の俳優は複数化し,筋も複雑化し,一編の長さが50齣(せき)に及ぶものさえ出現した。元末に高明(1310‐80)が《琵琶記》を創作してから確立し,明初に朱権の《荆釵記(けいさき)》,施君美の《拝月亭》,明末に王世貞の《鳴鳳記》,湯顕祖の《還魂記》《邯鄲記》《紫釵記》《南柯記》等に至って最高潮に達し,北方にも広まった。【内山 知也】。…

【琵琶記】より

…南方系の楽曲による戯文。作者高明は文人としても著名。後漢の蔡邕(さいよう)の出世と栄華な生活に,故郷に残された両親や妻の趙五娘の苦労を,対照させつつ筋を展開し,趙五娘の貞節を強調した作品。…

※「高明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高明の関連キーワード孝暢永覚覚実(1)義清興義尋空増祐平願薬智暹斅

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高明の関連情報