有明親王(読み)ありあきらしんのう

  • 有明親王 ありあきらしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

910-961 平安時代中期,醍醐(だいご)天皇の第7皇子。
延喜(えんぎ)10年生まれ。母は源和子延喜11年親王宣下(せんげ)。大宰帥(だざいのそち)をへて兵部卿となる。藤原暁子(ぎょうし)との間の子に源忠清,守清,正清,泰清や天台座主明救(みょうぐ)がいる。応和元年閏(うるう)3月27日死去。52歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android