コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里村昌陸 さとむら しょうりく

2件 の用語解説(里村昌陸の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

里村昌陸

徳川初期の連歌師。昌程の嫡子。16才の時父に代わり宗匠代を務め法橋に叙せられる。後御会始の宗匠を務めるようになり法眼に叙せられる。将軍の栄寵を受け葵の紋服や羽織舞笠を度々賜られ、貴紳と連歌を共にしたことは数しれぬほどある。宝永4年(1707)歿、69才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

里村昌陸 さとむら-しょうりく

1639-1707 江戸時代前期の連歌師。
寛永16年生まれ。里村昌程の子。慶安3年から幕府につかえ,承応(じょうおう)3年父にかわって宗匠代をつとめる。寛文10年家督をつぎ,延宝元年法眼。元禄(げんろく)8年職を辞した。宝永4年11月16日死去。69歳。別号に三宜斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

里村昌陸の関連キーワード里村昌純宗柳里村玄仲猪苗代玄盛里村昌億瀬川昌佐土屋永輔阪昌周山田通故山田通孝

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone