コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逸然 いつねんYi-ran

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

逸然
いつねん
Yi-ran

[生]万暦29(1601).中国,浙江
[没]寛文8(1668).7.14. 長崎
中国,明の黄檗僧,長崎派の画家。俗姓李氏,法諱は性融 (しょうゆう) ,逸然は字。号は烟霞 (えんか) ,浪雲。明末の乱を避け正保1 (1644) 年長崎に来航。長崎興福寺3代目住持をつとめ,仏事のかたわら北宗画風の人物画や仏画を描く。作品は明人の絵として珍重され,渡辺秀石河村若芝など師事する者が多く,長崎漢画派を形成。日本における禅宗の衰微を嘆き,隠元を日本へ招くことに尽力した。主要作品『十八羅漢図』『達磨寒山拾得図』『白衣観音図』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いつねん【逸然】

[1601?~1668]中国、明(みん)の黄檗(おうばく)宗僧侶。浙江(せっこう)の人。1644年に来日し、長崎興福寺第3代住持となる。隠元の日本招請に尽力したほか、北宗画風の人物画・仏画にすぐれ長崎漢画の祖となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いつねん【逸然】

1600頃~1668) 中国明末の黄檗おうばく宗の禅僧。1645年来日。絵画をよくし、その画風はいわゆる長崎派絵画の主流となった。逸然派の祖。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

逸然
いつねん
(1601―1668)

江戸初期の黄檗(おうばく)宗の禅僧。逸然は道号、法諱(ほうき)は性融(しょうゆう)。明国浙江省杭州府銭塘県(みんこくせっこうしょうこうしゅうふせんとうけん)の出身で俗姓李氏。1641年(寛永18)長崎に薬種商として渡来。1644年(正保1)黙子如定(もくすにょじょう)について出家し、翌年に長崎の興福寺第3代住持となる。隠元隆(いんげんりゅうき)の招請に尽力し、1654年(承応3)隠元が来日すると、興福寺に迎えて住持とする。1668年(寛文8)7月14日、68歳で寂し、塔は長崎の興福寺と宇治の黄檗山万福寺にある。1657年(明暦3)に費隠通容(ひいんつうよう)著『五灯厳統』、『隠元語録』などを出版した。中国画の新しい画風を伝えた人物として重視され、「唐絵」の開祖などと称される。仏画や人物画に長じ「観音図」(万福寺蔵)などがあり、門下に長崎の一画派である河村派祖の河村若芝(かわむらじゃくし)(一説に1707年没)、渡辺秀石(わたなべしゅうせき)(1639―1707)がいる。[竹貫元勝]
『木村得玄著『黄檗宗の歴史・人物・文化』(2005・春秋社) ▽木村得玄著『初期黄檗派の僧たち』(2007・春秋社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

逸然 (いつねん)

生年月日:1601年8月1日
江戸時代前期の渡来僧;南画伝来者
1668年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の逸然の言及

【黄檗美術】より

…また渡来した黄檗僧たちは,文人の墨戯としての四君子画や,略筆の観音像を得意とするものが多かった。隠元より早く来日し,隠元を日本に招くのに貢献した逸然は観音像を手がけ,万福寺15代住持の大鵬正鯤(たいほうせいこん)(1691‐1774)の墨竹はなかでもすぐれている。長崎出身の僧鶴亭(?‐1785)はこうした墨戯を上方画壇にひろめる役割を果たした。…

【長崎派】より

…(1)黄檗(おうばく)派は,黄檗宗の中国僧によって伝えられた写実的な高僧肖像画を学び,喜多元規らの肖像画家を生んだ(黄檗美術)。(2)漢画派は,1644年(正保1)に来朝した黄檗僧逸然(1600か01‐68)を祖とし,河村若芝(1629か38‐1707),渡辺秀石(1639‐1707)らが謹厳な北宗画風の絵を描き,秀石は唐絵目利職につくなど,長崎派の主流となった。(3)南蘋(なんぴん)派は,1731年(享保16)に渡来した沈銓(しんせん)(南蘋)にはじまる。…

※「逸然」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

逸然の関連キーワード興福寺(長崎市)黄檗隠元隠元隆琦黄檗美術逸然性融澄一道亮生年月日黄檗派黄檗宗黄檗山禅僧主流

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android