コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎派 ながさきは

6件 の用語解説(長崎派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長崎派
ながさきは

江戸時代に長崎を中心として特色ある絵画の発展を示した次の諸流派の総称。 (1) 隠元はじめ黄檗 (おうばく) 僧によって伝えられ,喜多元規喜多宗雲らに受継がれた肖像画を特色とする黄檗派。 (2) 逸然 (いつねん) に始り河村若芝渡辺秀石などに続く北宗画系漢画派。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ながさき‐は【長崎派】

江戸時代、長崎に興った絵画の諸派の総称。外国から伝来した絵画の影響を受け、南蘋(なんぴん)派・南宗画派・北宗画派・洋画派など多様な展開をみた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

長崎派【ながさきは】

江戸時代長崎に興った多様な画派を総称していう。当時外国文化と接触の多かった長崎では,中国や西洋の美術に刺激されて新傾向の絵画運動が次々と展開された。以下の各派に分類される。
→関連項目長崎画人伝長崎県立美術博物館柳沢淇園洋風画

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ながさきは【長崎派】

江戸時代の長崎における諸画派の総称。長崎は鎖国体制下における唯一の通商貿易港であったから,絵画などでも中国やオランダから新様式が流入した。この特殊な港町にさまざまな画派が興ったのであり,そこに様式上の共通性が見られるわけではない。それらはほぼ次のような流派に大別される。(1)黄檗(おうばく)派は,黄檗宗の中国僧によって伝えられた写実的な高僧肖像画を学び,喜多元規らの肖像画家を生んだ(黄檗美術)。(2)漢画派は,1644年(正保1)に来朝した黄檗僧逸然(1600か01‐68)を祖とし,河村若芝(1629か38‐1707),渡辺秀石(1639‐1707)らが謹厳な北宗画風の絵を描き,秀石は唐絵目利職につくなど,長崎派の主流となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ながさきは【長崎派】

江戸時代、長崎で、外国の影響を受けて興った絵画の諸派の総称。外国の新様式を取り入れ日本画に多大な影響を与えた。その源となるものによって、黄檗おうばく派・南蘋なんぴん派・北宗画派・洋画派・南宗画派などがあった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長崎派
ながさきは

江戸時代に長崎で生まれた諸画派の総称。長崎は鎖国体制下の唯一の開港地であったから、絵画の方面でも、中国やオランダからそれまで未知の新様式がもたらされ、新興の諸流派も生まれた。それらの総称を長崎派というが、そこに統一的な主張や作風上の近似性があるわけではない。また、海外からの新様式が、たとえ最初に長崎に陸揚げされたとしても、それを養分として注目すべき新興画派が輩出したのは、多く京都や江戸のような中央の画壇においてであった。しかし、以下にあげるような長崎の諸流派が、海外からもたらされた新様式を中央に伝える役割を果たしたことは無視しがたい。
 (1)黄檗(おうばく)画派は中国の渡来黄檗僧によって伝えられ、喜多元規(きたげんき)一派に受け継がれた写実的な肖像画派である。また、中国人黄檗僧の余技としての絵は、日本の南画に影響した。(2)渡来黄檗僧逸然(いつねん)を祖とし、渡辺秀石(しゅうせき)や河村若芝(じゃくし)に継承された北宗(ほくしゅう)画派。(3)1731年(享保16)来朝の沈南蘋(しんなんぴん)が伝え、その弟子の熊斐(ゆうひ)らによって全国的に広がった写実的な花鳥画派。(4)おもに商用で長崎に来航した清(しん)人のうち、画をよくする者に学んだ南宗(なんしゅう)文人画派。(5)オランダから渡来した西洋画に学んだ洋風画派。しかし、若杉五十八(いそはち)、荒木如元(じょげん)、川原慶賀(けいが)らの長崎の洋風画は、渡来画の模写作品には秀作を残しても、西洋画法による日本的題材の開拓では江戸に後れをとった。(6)以上のほか、外国船、西洋人、中国人などに取材した長崎版画などがある。[成瀬不二雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の長崎派の言及

【文人画】より

…これに加えて,オランダからの洋風画技法も紹介された。長崎を窓口として日本に流れ込んださまざまな知識は,享保期(1716‐36)を境に新たに発生と展開をみる美術史の流れに,決定的な影響を与えるのであるが,この長崎経由の絵画現象を総称して長崎派と呼ぶならば,日本文人画の発生と展開は長崎派と深くかかわっていたという認識に立たなければならない。 18世紀は,同時に浮世絵や円山四条派という新たな流派の発生をみ,また,琳派もなお健在であった。…

※「長崎派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長崎派の関連キーワード精得館長崎絵大通事唐通事と蘭通詞長崎県長崎市江戸町長崎県長崎市桶屋町長崎県長崎市中小島長崎県長崎市丸山町長崎県長崎市万才町荒木周道

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長崎派の関連情報