コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重力式柱状採泥器 じゅうりょくしきちゅうじょうさいでいき gravity corer

1件 の用語解説(重力式柱状採泥器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重力式柱状採泥器
じゅうりょくしきちゅうじょうさいでいき
gravity corer

自重によって海底に貫入し,たい積物を柱状に採集する採泥器。落下の仕方によって制動落下型と自由落下型に分けられる。また,小型で広く用いられているものにフレガー式がある。直径 38mmの短い採泥管 (長さ1~1.5m) に外径 35mmのプラスチック管を内蔵し,取りはずしのできる刃がついている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重力式柱状採泥器の関連キーワード岩床海底堆積物内変氷河堆積物津波堆積物オルソケム高レベル花崗岩貫入シュリーレン侵入岩体貫入性ペグマタイト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone