コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

採泥器 さいでいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

採泥器
さいでいき

海洋,湖沼,河川などの堆積物を採集する器具海底堆積物の採集のため考案されたものが多く,3種類に分けられる。曳航型採泥器は底に沿って曳 (ひ) くもので多量の採泥に適する。噛み合せ式採泥器はバケットを噛み合せて採集するので,一定面積の堆積物をとるのに適し,柱状採泥器は垂直的に堆積物を採集するのに適する。近年盛んに行われるようになった大洋底堆積物の研究資料は,おもに柱状採泥器によるもので,20m以上の厚さの堆積物をそのまま採集することができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さいでい‐き【採泥器】

水底の堆積物(たいせきぶつ)・岩石底生生物を採集するのに用いる器具。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

採泥器【さいでいき】

海底の物質を採取する装置。船上から鋼索をおろす方式のものが多く,海底を曳行(えいこう)しすくい取るドレッジャー(円筒形,角形など),着底と同時に底質をつかみ取るスナッパー,底質の成層を乱さずに数m〜数十mの試料を取る柱状採泥器などがある。
→関連項目海洋測器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいでいき【採泥器 marine bottom sampler】

海底の堆積物を採集する器具。採泥は海底土質や化学組成の分析,生物や微生物の採集,岩石の残留磁気の計測などのために行う。用途に応じて多種類のものが開発されている。その原理から大別すると,(1)すき(鋤)で掘りおこして網に集めるドレッジ,(2)海底に落下させて泥をつかみとるグラブ,(3)海底に突きさすコアラーの3者に分けられる。いずれも観測船からワイヤでつないだ採泥器を下ろし,試料採集後にウィンチで船に引き上げる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

採泥器
さいでいき

海や湖などの底質を採取するための器械。底質が砂や泥の場合には着底と同時に、バケツがかみ合って底質をつかみ取るグラブも用いられるが、パイプを打ち込んで、底質の上下関係を乱さないで採取するコアラーcorer(柱状採泥器)のほうが役にたつ。底質が岩盤や礫(れき)のときには、引き回してすくい込むか、岩石の突起部をかき取るドレッジャーdredgerが使われているが、本格的に採取するにはボーリングによらざるをえない。[安井 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の採泥器の言及

【海底堆積物】より


[採泥法]
 海底の堆積物や岩石を採ることを採泥という。採泥器には基本的に3型があり,いずれも船上より鋼鉄ワイヤの先端につけて海底におろす。ドレッジャー(曳航型)は鉄製の箱あるいは円筒状で,前後の面は開いており,後面に鉄鎖の網がついているのが普通である。…

※「採泥器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

採泥器の関連キーワードアガシー(Alexander Emanuel Agassiz)重力式柱状採泥器測量船(船舶)海洋ロケット北原 多作北原多作コア掘水底

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android