コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重力成層 じゅうりょくせいそうgravity stratification

岩石学辞典の解説

重力成層

火成岩に見られる層状構造で,堆積岩級化成層に類似しており,マフィック鉱物に富む層は下部に,珪長質鉱物に富む層は上部になる傾向がある.この語は液体状の環境の中で重力によって鉱物が機械的に分離され層が形成されたことを示している.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

重力成層の関連キーワード火成岩

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android