重合ガソリン(読み)ジュウゴウガソリン

化学辞典 第2版「重合ガソリン」の解説

重合ガソリン
ジュウゴウガソリン
polymerization gasoline, polymer gasoline

石油精製において,接触分解熱分解などで副生したプロペンブテンなどの軽質オレフィン系炭化水素からガソリン留分を製造する方法には,アルキル化法と重合法があり,重合法によって得られたものを重合ガソリンという.重合反応には,リン酸触媒ゼオライト触媒などの酸触媒が用いられる.アルキル化法により得られるアルキレートは,イソオクタンを中心としたパラフィン系であるのに対して,重合ガソリンはアルケンを多く含むため不安定である.安定性のあるガソリンを得るためには,生成アルケンの水素化処理などが必要である.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内の重合ガソリンの言及

【ガソリン】より

…ガソリンの需要が多いときは,常圧蒸留装置から得られる残油を減圧蒸留し,得られた減圧軽油を接触分解装置にかけ,ガソリンを増産する。また接触分解装置から得られるプロピレン,ブチレン,イソブタンなどを原料として重合,あるいはアルキル化反応を行い,重合ガソリン(ポリマーガソリンpolymer gasoline)あるいはアルキレート(イソオクタン)を生産することも行われる。これらもまたガソリン用の混合材源となる。…

※「重合ガソリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android