接触分解(読み)セッショクブンカイ

化学辞典 第2版「接触分解」の解説

接触分解
セッショクブンカイ
catalytic cracking

広義には,一般に触媒を用いる分解反応をいうが,狭義には,石油の重質留分をゼオライトなどの固体酸触媒を用いてクラッキングし,高オクタン価ガソリンを製造する反応および操作をいう.通常の熱分解ラジカル反応であるのに対し,接触分解はカルベニウムイオン反応で,生成物は分枝アルカン,分枝アルケンに富み,また芳香族炭化水素も比較的多い.このため,熱分解法に比べてはるかに生成ガソリンのオクタン価が高く,一般に接触分解ガソリンのオクタン価は90以上である.工業的操作としては,常圧気相で約500 ℃ 前後で行われ,粉末状の流動触媒を用いる流動層式と,粒状触媒を用いる移動層式とがある.流動層式が主力で,わが国では各種の流動層方式が採用されている.触媒としては,従来,シリカ-アルミナ触媒が主体であったが,現在ではゼオライト触媒が用いられ,後者のほうがガソリン収率が高く,ガス化損失が少ない.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

百科事典マイペディア「接触分解」の解説

接触分解【せっしょくぶんかい】

石油精製工程の一つ。活性白土(酸性白土),合成シリカ(二酸化ケイ(珪)素)・アルミナなどの触媒を用いて,450〜500℃,常圧下で重質石油留分を分解し,オクタン価の高いガソリンを製造すること。現在最も普及しているのはゼオライト(沸石)系触媒による方法である。
→関連項目石油熱分解

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「接触分解」の解説

せっしょく‐ぶんかい【接触分解】

〘名〙 石油の灯軽油留分を合成シリカ、アルミナ、ゼオライトなどを触媒として熱分解し、高オクタン価のガソリンを製造することをいう。熱分解にくらべ、安定していてオクタン価の高いものが得られ、収率もよい。接触クラッキング。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「接触分解」の解説

せっしょくぶんかい【接触分解 catalytic cracking】

石油の重質留分を触媒を用いて分解し,高オクタン価ガソリンを増産するプロセスをいう。接触分解法原理は,1923年にフランスのウドリーE.J.Houdryによって発見された。すなわち,彼は天然産の白土を硫酸アルカリを用いて活性化した触媒(活性白土)上に加熱した石油系重質油を通ずると分解反応がおこり,ガソリンが得られることを見いだした。このガソリンは当時広く工業的に実施されていた熱分解法のガソリンよりも,臭気が少なく,安定性がすぐれ,オクタン価も高いなどの利点が認められた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android