コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接触分解 セッショクブンカイ

世界大百科事典 第2版の解説

せっしょくぶんかい【接触分解 catalytic cracking】

石油の重質留分を触媒を用いて分解し,高オクタン価ガソリンを増産するプロセスをいう。接触分解法の原理は,1923年にフランスのウドリーE.J.Houdryによって発見された。すなわち,彼は天然産の白土を硫酸アルカリを用いて活性化した触媒(活性白土)上に加熱した石油系重質油を通ずると分解反応がおこり,ガソリンが得られることを見いだした。このガソリンは当時広く工業的に実施されていた熱分解法のガソリンよりも,臭気が少なく,安定性がすぐれ,オクタン価も高いなどの利点が認められた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せっしょくぶんかい【接触分解】

触媒を用いて行う分解反応。狭義にはシリカ・アルミナなどの触媒を用いて行う石油のクラッキング。オクタン価の高いガソリンをつくる目的で行われる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

接触分解の関連キーワードクラッキング(石油化学工業)フィッシャー‐トロプシュ法二酸化ケイ(珪)素アルキレート水素化分解法コーキング法石油化学工業分解ガソリンプロピレン水素化分解LNG転換ガス化反応アルカンベンゼン減圧蒸留熱分解法石油化学ブチレンアミレンナフサ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android