コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重圏文 じゅうけんもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重圏文
じゅうけんもん

文様の一種。圏は捲と同じで,木を曲げてつくった丸い器のこと。重圏文は圏を重ねたもの。すなわち一般には同心円と呼ばれるもので,前漢鏡や,奈良時代軒丸瓦文様形式にはこの語が用いられている。前者は鏡背の圏帯が特に顕著なもので,後者は圏帯を主文様としている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

重圏文の関連キーワード八女古墳群福田遺跡浦山古墳向山古墳瓦当

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android