コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漢鏡 かんきょうHan-jing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漢鏡
かんきょう
Han-jing

中国,漢代の鏡。精良な白銅鏡が大部分で,鏡面に少しそりがあり,鏡背は鈕を中心に同心円状に数区に分れ,文様を表わしている。技術上の精巧さでは他の金属器の追随を許さない。鏡に銘文をもつものが多く,官設工場で製作されたと推定される。通常は前漢鏡,王莽鏡,後漢鏡に分類される。鏡背文様は前漢鏡では四乳葉文鏡,重圏文精白鏡,内行花文鏡。王莽鏡では方格規矩四神鏡。後漢鏡では夔鳳鏡 (きほうきょう) ,獣首鏡,画像鏡,盤竜鏡,神獣鏡などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐きょう〔‐キヤウ〕【漢鏡】

中国漢代の銅鏡。円形で、時に白銅質のものがあり、清白鏡・内行花文鏡・四神鏡・方格規矩(ほうかくきく)鏡・神獣鏡などが代表的。前漢鏡・王莽(おうもう)鏡・後漢鏡の別がある。→漢式鏡

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

漢鏡【かんきょう】

中国,漢代の鏡。前漢鏡,王莽(おうもう)鏡,後漢鏡に大別。前漢鏡は先秦鏡の発展したもので,内行花文鏡,重圏精白鏡,四孔星雲鏡など。王莽鏡は四神鏡が代表的。後漢鏡には【き】鳳(きほう)鏡,獣首鏡,浮彫を施した神獣鏡画像鏡などがあり,神獣鏡は三国以後にも多い。
→関連項目オケオ唐鏡

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんきょう【漢鏡】

中国では漢代に銅鏡が一般に普及し,これを漢鏡とよんでいる。漢鏡はスズを含み,銅質も良好であることが多い。
[前漢式鏡]
 前漢の前半ではまだ戦国式の鏡の伝統をひいている。しかし縁が厚くなり,地文が消えて主文だけとなり,前漢式のスタイルが完成する。螭竜文(ちりゆうもん)鏡はその例である。前漢も盛期を過ぎると,草葉文鏡,星雲文鏡が用いられるようになる。星雲文鏡は百乳文鏡ともよぶ。草葉文鏡はまわりに16個の連弧文をめぐらしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かんきょう【漢鏡】

中国の漢代に作られた鏡の総称。三国・六朝時代のものも同じ系統なので、これらを含めることがある。白銅製の円形の鏡で、背面に文様や銘文が鋳出してある。日本では弥生時代・古墳時代の墳墓や古墳から出土することが多い。 → 漢式鏡

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の漢鏡の言及

【鏡】より

…それは,主として中国以外の人たち,ことに日本の学者の研究によるところが大きい。これは考古学の発達に伴う実物の観察に加えて,新たに確実な遺品が掘り出されたからで,ことに1920年代になって,それまで最も古いとされていた漢鏡よりも古い鏡がおびただしく見いだされたからである。中国の金属鏡は,現在までに発見されたところでは,前6~前5世紀のものが古い。…

※「漢鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

漢鏡の関連キーワード銚子塚古墳〈福岡県〉鏡(mirror)三雲・井原遺跡奴国(なこく)須玖岡本遺跡中山平次郎寧楽美術館茶戸里遺跡立岩遺跡三雲遺跡須玖遺跡仿製鏡鏡作部飯塚市宋鏡

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漢鏡の関連情報