コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軒丸瓦 のきまるがわら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軒丸瓦
のきまるがわら

鐙 (あぶみ) ,花瓦,巴瓦,端丸瓦ともいう。本瓦ぶき建築に使用された屋根瓦の一種。軒先など屋根の縁端を飾るために丸瓦の端に瓦当と呼ばれる円形の飾板をつけたもの。中国では,戦国時代に半円形の瓦当のある軒丸瓦が出現し,漢代から円形瓦当のものが現れた。漢代の軒丸瓦の瓦当は文字や蕨手文,動物文で飾られたが,南北朝時代から蓮華文装飾が出現し,その影響は朝鮮半島にも波及した。日本では,飛鳥時代に百済系,高句麗系の単弁蓮華文装飾が現れ,奈良前期から複弁蓮華文のものが使用された。鎌倉時代以降には巴文を瓦当に飾るものが主流を占めるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

のき‐まるがわら〔‐まるがはら〕【軒丸瓦】

軒先に用いる丸瓦。蓮花紋や巴紋(ともえもん)をつけることが多い。瓦全体が鐙(あぶみ)の形をしているので鐙瓦ともいい、巴紋のあるものを巴瓦という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のきまるがわら【軒丸瓦】

本瓦葺きの屋根の軒先に用いる丸瓦。古くは蓮華紋れんげもんが用いられた。のち巴ともえ紋が多く用いられるようになったので巴瓦ともいう。鐙瓦あぶみがわら。 → 軒平瓦

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

軒丸瓦の関連キーワード高宮廃寺跡〈大阪府〉伊良湖東大寺瓦窯跡乙女不動原瓦窯跡日の出山瓦窯跡三重・鈴鹿関跡土師百井廃寺跡南滋賀町廃寺跡大吉山瓦窯跡岩井廃寺塔跡大隅国分寺跡常陸国分寺跡備前国分寺跡甲斐国分寺跡伯耆国分寺跡伊勢国分寺跡大分廃寺塔跡下総国分寺跡大原廃寺塔跡舞木廃寺塔跡隼上り瓦窯跡

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軒丸瓦の関連情報