コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軒丸瓦 のきまるがわら

3件 の用語解説(軒丸瓦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軒丸瓦
のきまるがわら

鐙 (あぶみ) 瓦,花瓦,巴瓦,端丸瓦ともいう。本瓦ぶき建築に使用された屋根瓦の一種。軒先など屋根の縁端を飾るために丸瓦の端に瓦当呼ばれる円形の飾板をつけたもの。中国では,戦国時代に半円形の瓦当のある軒丸瓦が出現し,漢代から円形瓦当のものが現れた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

のきまるがわら【軒丸瓦】

本瓦葺きの屋根の軒先に用いる丸瓦。古くは蓮華紋れんげもんが用いられた。のち巴ともえ紋が多く用いられるようになったので巴瓦ともいう。鐙瓦あぶみがわら。 → 軒平瓦

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

軒丸瓦の関連情報