コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重奏 ジュウソウ

大辞林 第三版の解説

じゅうそう【重奏】

( 名 ) スル
各声部を一人ずつの演奏者が受け持つ器楽の演奏形態。二重奏・三重奏など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の重奏の言及

【合奏】より

…(1)単一楽器による独奏に対して,二つ以上の楽器による演奏形態(まれに声楽を含む)およびその音楽をいう。合奏には,1声部1楽器で奏する重奏と,各声部に複数の楽器をあてるものとに大別される。重奏の典型は室内楽で,声部数によって二重奏,三重奏(トリオtrio),四重奏(クアルテットquartetto)などと呼ばれるし,使用楽器によってピアノ三重奏,弦楽四重奏,管楽八重奏などとも称される。…

【器楽】より

声楽に対する言葉で,楽器により演奏される音楽をさすが,器楽に含まれる形態にも部分的に声楽を含むものがある(ベートーベンの《第九交響曲》など)。器楽は演奏に要する楽器の編成にしたがって独奏,重奏,合奏に区別され,さらに使用楽器によってピアノ独奏,弦楽四重奏,クラリネット五重奏(弦楽四重奏とクラリネット一つ)などに分けられる。複数奏者による編成のうち,各声部を独立した1人の奏者が受け持つ場合を重奏,2人以上からなる声部を含む場合を合奏と呼ぶのが普通である。…

【室内楽】より

…一般に1パートを1人の奏者が受けもつ重奏形態の器楽合奏曲をさし,2人から10人程度の奏者で編成される。ただし,その概念および編成は時代によって異なっており,この定義は主として古典派以降の室内楽に該当する。…

※「重奏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

重奏の関連キーワードクインテット[quintet / quintette]カペー(Lucien Capet)オクテット[octet(te)]ライプツィヒ弦楽四重奏団新イタリア弦楽四重奏団ボロディン弦楽四重奏団〈イタリア〉Largoイタリア弦楽四重奏団コーリッシュ四重奏団プロシア王四重奏曲パノハ弦楽四重奏団イザイ弦楽四重奏団アポニー四重奏曲ザロモン四重奏団プロシア王セットカザルス・トリオラズモフスキーヴラフ四重奏団六つのバガテルフォルクマン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重奏の関連情報