重用(読み)ジュウヨウ

  • じゅうよう ヂュウ‥
  • じゅうよう〔ヂユウ〕
  • ちょうよう

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)人を重要な職務地位につかせて用いること。ちょうよう。
[名](スル)その人を重んじて、重要な役に用いること。じゅうよう。「若手を重用する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〙 重く用いること。重要な地位に取り立てること。ちょうよう。
〘名〙 重く用いること。重要な地位に取り立てること。じゅうよう。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺「鶴は逆臣毛国鼎が子なり。もしこれをしも重用(チャウヨウ)して、按司とせば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重用の関連情報