拾遺(読み)シュウイ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐い〔シフヰ〕【拾遺】


漏れ落ちたものをひろって補うこと。また、そうしてつくったもの。
《「じゅうい」とも》侍従唐名
中国で、君主を助けて、その過失をいさめ補うこと。また、その官。拾遺補闕(ほけつ)。
拾遺和歌集」の略称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうい【拾遺】

(歌・作品など)漏れ落ちているものを拾い補うこと。 「宇治-」
君主をたすけて、その過失を補うこと。
侍従の唐名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅう‐い シフヰ【拾遺】

[1] 〘名〙
① (━する) 洩れているものを拾い補うこと。特に、ある書物に収録しそこなった作品・話などを拾い集めること。また、そのもの。拾遺補闕
※拾遺愚草(1216‐33頃)上「先撰二百首之愚歌、有結番事、仍可拾遺
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)五「当年膝栗毛五篇目宮廻りまで〈略〉猶亦拾遺(シウヰ)に大和巡り大坂京都見物」 〔史記‐太史公自序〕
君主を輔(たす)けて、その過失を補うこと。また、古く中国で、君主の過失をいさめる官。元以後廃止。拾遺補闕。〔史記‐汲黯伝〕
③ (「じゅうい」とも) 侍従(じじゅう)の唐名。
※菅家文草(900頃)五・春惜桜花「何因苦惜花零落、為是微臣身職拾遺
宇治拾遺(1221頃)序「侍従を拾遺といへば、宇治拾遺物がたりといへるにや」
④ 薫物(たきもの)の名。沈香、丁子香、甲香、甘松香、熟鬱金香、占唐香などをねりあわせて作る。拾遺補闕。〔類聚雑要抄(室町)〕
※栄花(1028‐92頃)初花「古今・後撰・拾遺など五巻に作りつつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の拾遺の言及

【侍従】より

…相当位は従五位下。その職掌は〈常侍,規諫(きかん),拾遺補闕(ほけつ)〉,すなわちつねに天皇に近侍し,諫(いさ)めただし,遺(わす)れたるを拾い,闕(か)けたるを補うことにあった。侍従の別名を拾遺ともいう。…

※「拾遺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

拾遺の関連情報