コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重硯 じゅうすずり

大辞林 第三版の解説

じゅうすずり【重硯】

いくつかの硯箱が重ねられ一組みとなるもの。歌会や香席などで用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の重硯の言及

【香道具】より

…縦8寸7分,横1尺8分,高さ2寸6分。(15)重硯(じゆうすずり) 5客もしくは10客分の硯箱で重ねてある。連衆の筆記用。…

※「重硯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

重硯の関連キーワード歌会硯箱香席

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android