コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重粒子線癌治療 ジュウリュウシセンガンチリョウ

デジタル大辞泉の解説

じゅうりゅうしせん‐がんちりょう〔ヂユウリフシセンガンチレウ〕【重粒子線×癌治療】

光速の約70パーセントまで加速した炭素イオンを、癌(がん)の病巣に狙いを定めて照射する治療法。放射線療法の一。陽子線よりも標的細胞を殺傷する能力が2~3倍高く、抵抗性の強い癌や深部の癌に効果が期待できる。→陽子線治療

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

重粒子線癌治療の関連キーワード重粒子線治療粒子線治療

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android