コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重粒子線癌治療 ジュウリュウシセンガンチリョウ

1件 の用語解説(重粒子線癌治療の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅうりゅうしせん‐がんちりょう〔ヂユウリフシセンガンチレウ〕【重粒子線×癌治療】

光速の約70パーセントまで加速した炭素イオンを、癌(がん)の病巣に狙いを定めて照射する治療法。放射線療法の一。陽子線よりも標的細胞を殺傷する能力が2~3倍高く、抵抗性の強い癌や深部の癌に効果が期待できる。→陽子線治療

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重粒子線癌治療の関連キーワードパーセンタイル鏡銑珪素鋼パーセンテージパーセント百パーセント五パーセントルール増値税二等米体積パーセント

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone