コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陽子線治療 ヨウシセンチリョウ

4件 の用語解説(陽子線治療の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ようしせん‐ちりょう〔ヤウシセンチレウ〕【陽子線治療】

放射線の一種である陽子線を体内の病巣に照射する治療法。体内の深くまで到達するのでX線ガンマ線より効果的とされる。対象は主に悪性腫瘍。→重粒子線癌治療

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

陽子線治療

粒子線治療と呼ばれる治療のひとつで、水素の原子核(陽子)を加速させ照射する。ほかにも陽子より重い炭素を利用する重粒子線治療がある。9月現在、日本には陽子線の治療施設が10カ所、重粒子線の治療施設が4カ所ある。粒子線治療厚生労働省の「先進医療」に指定されており、照射のための約300万円の費用は自己負担になるが、検査代や入院費などには公的医療保険が適用される。

(2015-11-24 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

陽子線治療【ようしせんちりょう】

粒子線治療

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陽子線治療
ようしせんちりょう

放射線療法の一種で、陽子線を照射する治療法。陽子線は元素のなかでもっとも軽い水素の原子核である陽子をサイクロトロンシンクロサイクロトロンなどの加速装置を用いて加速したもので、体内深部に到達して治療効果を発揮する。また、X線が体内に入るにつれ放射線量が徐々に減衰するのに対して、陽子線は体表面近くではエネルギーを放出せず、停止する直前に大線量を放出(線量ピーク)する。この線量ピークは発見者の名を冠してブラッグピークBragg peakとよばれる。さらにX線では病巣付近の正常組織も同等の線量を浴びてしまうが、陽子線は停止位置より奥へ入り込まないため、病巣だけに効率よく線量を集中でき、正常組織や臓器への副作用は少ない。癌(がん)の治療においては、病巣の深さや大きさにあわせて線量ピークをコントロールする。日本では眼球のメラノーマ(悪性黒色腫(しゅ))に対する治療が最初で、ほかに前立腺(せん)癌、肝癌、頭蓋(とうがい)底腫瘍(しゅよう)などに効果が大きいとされる。治療装置は数十億円規模になるため、国内でこの治療が受けられるのはまだ数か所にとどまっている。陽子線治療は先進医療の一つで、保険適用外であるため費用は高額だが、近年、民間の生命保険などには先進医療特約に加えているものもある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陽子線治療の関連キーワードファンクションポイント法ピンポイントブロックポイントポイント活字ワンポイントピンポイントランディングワンポイントリリーフ放射線照射ポイント方式クラシフィケーションポイント

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

陽子線治療の関連情報